毎日新聞

スライドショー・コストルナヤが世界最高得点で優勝 紀平4位で連覇ならず

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは第3日の7日、イタリア・トリノで女子フリーがあり、ショートプログラム(SP)首位だったアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)は162.14点、合計は世界最高得点となる247.59点でGPファイナル初制覇を果たした。 ショートプログラム最下位の紀平梨花は、145.76点、合計216.47点で4位となり連覇を逃した。【撮影・貝塚太一】2019年12月8日公開

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中