ANN

香港デモで強制排除も なぜ路上から大学で籠城に?(19/11/19)

抗議活動が続く香港では大学にとどまる学生たちを警察が包囲して拘束が相次いでいます。

 まるで廃墟と化した香港理工大学。現在も100人以上のデモ隊が立てこもり、その周囲を警察が包囲しています。収束の見込みが立たないばかりか、激しさを増す香港の抗議活動。そんななか、17日に旅行で理工大周辺を訪れていた東京農業大学3年の井田光さん(21)が現地で逮捕されていたことが明らかになりました。詳しい経緯は分かっていませんが、井田さんにけがはなく、体調も良好だということです。
 理工大には一時、数万人が立てこもっていましたが、ここ数日、警官隊が突入を試み、催涙弾や火炎瓶が飛び交うなど衝突が激化。約400人が拘束されました。こうした状況を受け、香港の林鄭月娥行政長官が会見。
 香港・林鄭月娥行政長官:「デモ隊が武器を放置し、秩序を維持して警察の指示に従い、暴力を使わずに投降すれば平和的に解決できる」
 と投降を呼び掛けました。林鄭長官は今月4日に中国の習近平国家主席とデモ開始後、初めて会談。習主席は「秩序の回復が香港の最重要任務」と対策を求め、林鄭長官は抗議活動に厳しく対処する姿勢を打ち出していました。習主席も14日、国際会議において「過激な暴力犯罪行為は香港の繁栄と安定を深刻に破壊し、『一国二制度』の原則への深刻な挑戦だ」と抗議活動を批判。取り締まりはさらに強まると見られています。
 一方、デモ隊側に朗報が。デモ参加者を拘束しやすくするため、先月に施行された「覆面禁止法」に香港の高裁にあたる高等法院が違憲判決を下したのです。これに対し、中国政府は「行政長官の権力に公然と挑戦するものだ」と非難。
 24日には区議会議員選挙を控えていますが、普通選挙の実現を求めるデモ隊と港政府の対立は今後、ますます激化していくことが懸念されます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中