ANN

ウクライナ疑惑で米高官 トランプ氏発言「不適切」(19/11/20)

トランプ大統領を巡るいわゆる「ウクライナ疑惑」でアメリカの政府高官が公聴会で証言し、ウクライナの大統領と電話会談した際のトランプ大統領の発言に「不適切だ」と懸念を持ったと明らかにしました。

 ホワイトハウスの高官・ビンドマン氏:「電話会談に懸念を持った。米大統領が政敵の調査を外国政府に求めるのは不適切だ」
 NSC(国家安全保障会議)の高官・ビンドマン氏は、7月にトランプ大統領とウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談を聞いていた際、トランプ大統領が民主党のバイデン前副大統領に関する調査をウクライナ側に求めたことに懸念を持ち、NSCの顧問弁護士に報告したと証言しました。また、ウクライナとの国力の差を考えると、トランプ大統領の要求は命令に近いものだったという認識を示しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中